お尻の筋肉はとても大事

お尻とかゆみ

お尻のかゆみで悩んでいる人はたくさんいるのですが、お尻という場所だけに掻き壊してしまった、かゆくて我慢できないなどなどの様々な悩みを抱えている人がとても多いようです。お尻のかゆみは様々な原因から生じます。

 

最近の病名では温水便座の使い過ぎが原因となってかゆみが生じる温水便座症候群が問題となっているそうです。温水便座の使い過ぎによって皮膚の油分が流されて皮膚が乾燥してしまってかゆみが生じたり、皮膚の常在菌までも洗い流されて雑菌が繁殖して細菌感染なども引き起こしやすくなるという疾患です。

 

お尻のかゆみと疾患

さらには、痔ろうや痔核などの肛門疾患によるものや下痢などで起こる皮膚炎、糖尿病や婦人科疾患、洗剤によるかぶれなどによってもかゆみは生じます。少しでも肛門付近のお尻のかゆみが気になったらすぐに医療機関を受診することをお勧めします。とても重篤な疾患を抱えている場合もあるからです。

 

かゆみは入浴後や就寝中に多いようですが、無意識に引っ掻いてしまって患部を掻き壊してしまったなどと言うことはよくあることです。それなので患部に軟膏をあてて絆創膏で止めておくなどの処置をしておきましょう。ひどいかゆみの場合には水虫などの原因となるガンジタ菌(白癬菌)が原因であることが多いようです。そのような場合には湿疹用の軟膏では無くきちんと白癬菌用の軟膏を使用することが非常に重要です。

 

お尻のかゆみへの対処方法として、刺激の強い石鹸や薬品などは使用せず、排便後もトイレットペーパーでゴシゴシとこすったり、入浴時もタオルで強くこすることなどは、避けて、あまりにもかゆみがひどい場合には医療機関でステロイド軟膏を処方して貰うようにしましょう。よく効きますが皮膚や身体に良く無いので十分注意をして使用しましょう。

 

お尻という普段はケアしにくい場所なので正しいスキンケアとかゆみへのきちんとした対処方法を実践することがとても大切です。
ケア用品としては、ピーチローズやフェアリームーンが市販薬としては有名です。どちらが良いか悩む方はピーチローズとフェアリームーンの比較記事を参考に選びましょう。